生理中の脱毛サロンでの施術

脱毛サロンで予約をしていてもキャンセルをしなくてはならないような事があります。それが生理になった時なのです。

きれいになりたい人必見!山形でおすすめの脱毛サロンを探す

脱毛サロンで禁止されている場合は施術はNG

たまたま予約日と重なってしまった場合には、施術を断られてしまいますので、キャンセルをするようにしましょう。

デリケートゾーンを施術してもらう場合、生理中の場合は本人としても見られたくない部分でもありますので、避けておきたいと思うものですし、マナーとしてもよくありません。脱毛サロンで禁止されているのであれば、ごまかしてまでも施術を受ける必要はないのです。

しかしデリケートゾーン以外であれば施術には問題なさそうですが、ワキや腕などの場合でもキャンセルをしなければならないのでしょうか。

これは脱毛サロンによって差が出てくるようになりますが、施術が出来ると言われてもキャンセルをするようにしておいた方がいいでしょう。

肌がデリケートな時はなるべく施術は控えましょう

生理の時には、肌の状態がとてもデリケートになっています。この状態で施術を行ってしまうと肌に炎症が起きてしまうようなこともありますので、肌に刺激を与えないようにする為にも施術は受けないようにした方がいいのです。

予約をキャンセルするのはもったいないと思ってしまいがちですが、肌の為を思うのであれば、焦らずに調子がいい時に施術を受けるようにしましょう。

エステティシャンの技術力が高いミュゼについて

ムダ毛の自己処理を続けていると肌に負担が掛かるようになり、色素沈着と呼ばれる黒ずみが生じるリスクを高めてしまいます。

また、ムダ毛処理をする女性の中には入浴時に脇のムダ毛やデリケートゾーンのムダ毛処理を行うケースも多いかと思われますが、湯船につかる事で血流が高まり、肌に傷が付いた時に出血が止まらなくなるなど、ムダ毛の自己処理は注意が必要です。

ミュゼは大手の脱毛サロン、全国に多数のお店があり、短時間でムダ毛のお手入れをしてくれる、エステティシャンの技術力が高いため、自己処理でムダ毛を行うよりも安心して脱毛が出来るなどのメリットを持ちます。

ミュゼは定期的にお得なキャンペーンを開催しています

通常よりもリーズナブルな料金で脱毛の施術を受ける事が出来る、脇下やVラインなどの脱毛の場合、回数や期間が無制限になるコースも用意が行われています。

ムダ毛が気になり始めた時にお店に通えばツルツルの肌にして貰う事が出来るなどのメリットもあります。

ミュゼではナチュラルカラーならネイルOK

ミュゼのお店ではネイルokとも言われています。

ネイルokとは、お店で働くエステティシャンなどがネイルをしても良いと言う意味になるのですが、ネイルが良いと言ってもミュゼではジェルやスカルプは禁止になっていて、ナチュラルカラーのマニキュアをするのはOKなのです。

脱毛はお客さんの肌に触れるお仕事でもあり、制限はありますが、この脱毛サロンでは爪を短く切っておけば良いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする