脱毛サロンの利用中の自己処理

脱毛サロンの利用中に自己処理を行うときには注意が必要です。山形にある人気の脱毛サロンでは光を使用する脱毛を行いますが、これはメラニン色素が含まれている毛根に光を吸収させるものです。

毛根ごと毛を抜かないように注意が必要

毛抜きなどを使用して毛根ごと毛を抜いてしまうと、光を照射しても毛の再生能力の低下にはならず、無駄になります。毛には毛周期があり、全ての毛が常に生えているわけではありません。また、光の照射を受けても、その時点で毛が抜けるものではありません。

そのため、施術後でも毛は伸びてきますが、これは気になる場合は自己処理しても問題ありません。ただし、このときも毛根ごと毛を抜かないようにします。

電気シェーバーを使用して数日前に処理しよう

毛を抜くと毛周期が狂い、毛根にメラニン色素が多く含まれるタイミングが変わってしまうため、脱毛の効率が悪くなります。そのため、毛を剃るだけにします。毛を剃る場合にも注意があります。

普段であればカミソリを使っても良いですが、これは皮膚を傷付け、肌荒れを引き起こす要因になります。脱毛サロンで施術を受けるときに肌荒れが起きていると利用できないことがあります。

しかし、肌荒れを避けるために自己処理せずに、毛を伸ばしたままにしていても光脱毛は利用できないため、皮膚を傷付けにくい電気シェーバーを使用して数日前に処理をしておくようにします。

脱毛サロンと楽しい海でのレジャー

真夏は夏休みやお盆休みもあるので、なるのレジャーは最高に楽しい時期です。夏の水関係のレジャーは賑わいを見せるシーズン、女子は水着着用に向けてのムダ毛処理にも、余念がなくなります。

真夏の日焼け肌に脱毛は絶対にNG!

水着時期に間に合わせるために脱毛サロンに通うとしたら、真夏にスタートするのはストップです。脱毛サロンの脱毛は即効性ではなく、ヘアサイクルに合わせての兼ね合いになるので、時間が必要な方法であり、次の夏の海を目指すほうが賢明です。

海に行く直前にエステ脱毛をすると、いつもよりも肌は紫外線の影響を受けやすくなります。エステ脱毛は安全で肌に優しいものの、ムダ毛を減らすための方法なので、皮膚は少し弱くなります。

水関係のレジャーに行く直前に脱毛をすると、肌が弱い状態のまま、紫外線を浴びて日焼けをしやすい状態になりますので、直前の脱毛サロンのお手入れは向いてはいないです。シミも出来やすくなるので、脱毛はタイミングと時期を考える必要があります。

秋頃から来年の夏に向けて脱毛を開始

その夏はムダ毛は自己処理で対処をしたほうが良いですし、真夏は確実に終わりが来ますので、涼しくなって秋に入った頃から、次の夏の水着に向けてエステ脱毛を、真面目に検討をするといいです。

秋からのエステ脱毛のデビューは良いタイミング、だいたい次回の夏までには6回位の脱毛が受けられるからです。エステ脱毛で6回位の施術を経験しておくと、次回の水着の季節の夏には、ムダ毛はかなり少ないので、水着着用にも自信が出てきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする